電話

今日は、朝からメールが多いな。


そう思った休日。


彼が、声が聞きたいなって言ってくれた。


彼のほうから電話なんて、何回目だろう。

いつも私から誘ったり、

私の機嫌が悪いから、かけてくれたことはあったけど、

こんな風に、何もない時に誘ってくれたことはないはず。


(彼は、そんなことない!っていうだろうけど、受けて側の問題です。)


ちょうど、子供の習い事の待ち時間だったから、

ファーストフード店で飲み物を注文したところで、メールに気づいた。

もちろん、一気飲みして外へ出た。



話の内容は、本当に何気ない話。

仕事、夏季休暇のこと、先日、教えあいっこした好きな曲のこと…


あとは、健康のこと!!


私は自律神経が弱くて、小さい頃から偏頭痛持ちで不眠症。

調子がいいなと思う日は、年に数回しかない。

このままだと、何事にも消極的になりそうだから、

ヨガかピラティスをやろうと思ってるんだよねーと言った。


彼が感心したように、そういう考えはすごくいいって言ってくれた。

なんか照れたな(*'-')ゞ


健康でいることが、ずっと会える条件。


彼に、プールとラジオ体操を続けているか

聞いたら、もうやっていなかった。


奥様のブログで、

奥様をプールに誘っていたこと、

一緒にラジオ体操をやっていると知ったときは、

頭の先から冷や水を被ったようになってしまい、ショックで不整脈まで起きてしまったっけ。。。

私、弱すぎ(笑)


でも、一緒に暮らしているんだもんね。

そんなこと、たくさんあるよ(*´-`)


そして、、もう続けていないことに、すこし安心する私(⌒-⌒; )


まだまだ修行が足りない!


私は、ヨガをやることにしました。

奥様がいる人を愛していくという、自分の意思のために。

続くといいな。